FC2ブログ

心理学・交流分析・TA・コミュニケーション・人間関係・心のエコロジー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年6月19日 夫操縦法 (^。^)

今日はちょっと大それたタイトルをつけてみました。

「私、夫がいない!」とか「「俺は男だ!」という人も耳を傾けてください。
きっとどこか共通するところがあると思いますよ。

   【心の妖精の説明は、2015年4月のブログを読んでください。】

さてさて、
私たちが持っているエネルギーは心の妖精‘エイ’がしっかりと手綱を握ってくれている時は、
自然と状況にあわせた妖精たちが活躍してくれています。

でも、時どき心の妖精‘エイ’も緊張感が薄れ休憩を取りたくなる時があります。

すると、他の妖精たちは、わがままに振る舞ってしまう。


では、どんな時、緊張感が薄れるかって?


それは、一番気を許している相手に対しての時が多いです。


つまり、夫にとっては妻。   迷惑だ!なんて言わないで!

何歳になっていても、気を許した相手には、本音で振る舞う“エフシ”が、活発になります。
これは妻でも同じ。


‘シイピ’がガミカミ怒鳴ってばかりいると思う人がいるかもしれませんが、それはわがままな‘エフシ’

また、夫は、最愛の人には一番良いところを見せたいので、プライドを結構気にしています。
これも、‘エフシ’


そんな時、‘エヌピ’が優しく接してあげると、‘エフシ’
は生き生きと動き周ります。


男女差別じゃないですよ。
夫に対し、‘エヌピ’を大活躍させるということは、主導権を握っているのは、自己コントロールが効いている妻です。
つまり男女とも、相手が‘エフシ’でいる時は本音が出ているので、‘エヌピ’でうま~く操縦できるのです。図2
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

小林雅美

Author:小林雅美
20年間、温かい関わり合いを広げる『ふわふわさんの草の根運動』をしています。

TA実践研究所所長
COSMOSコミュニケーション代表
文教大学非常勤講師

NPO法人日本交流分析協会
          交流分析士教授
日本交流分析学会 評議員
ITAA・国際交流分析協会 正会員 
厚生労働省認定シニア産業カウンセラー
日本ゲシュタルト療法学会ファシリテーター ほか

東京都港区在住
元日本航空(株)国際線乗務員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。