FC2ブログ

心理学・交流分析・TA・コミュニケーション・人間関係・心のエコロジー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年6月1日 『未年』ってどうして“羊” じゃないの?

今回は、漢字を私なりに解釈してみます。 あくまで、私なりに!


2015年は、『未年』

あれ?『羊』・・・じゃない。


今まであまり気に留めたことがなく、『未』って、接頭語として用いて
「未成年」「未完成」「未解決」など、「まだ・・・でない」という意味ぐらいしか意識していませんでした。


どうして『羊』ではなく『未』と書くのかな???????


そう思っていたところ、ラジオから、偶然に、キロロの『未来』という大好きな音楽が流れてきました。


口ずさみながら、 うん?・・・・

『未来』っていう字には、『未』が2つも含まれている・・・

干支であり、「まだ…でない」という意味の『未』


そこでまた、私なりに解釈!


『未来』って、「まだ来ない」という意味に加えて、

穏やかな性格で群れをなして生活する『未』のように、
穏やかで仲間に囲まれた平和な生活を意味しているんじゃないかなあ。


今回はちょっと真面目になって辞書を引いてみたくなりました。

「子丑寅・・・・・・とかぞえる十二支の8番目が『未』。もとは子(=種子)から始まり亥(=核、結実してしんができる)に至る植物の発達段階を十二段に分けて表し、8番目の『未』はまだ熟しきらない成長半ばの植物を表しており、未熟の『未』という意味である。」と出ていました。


そこでまた、私なりに自由連想!


自分を振り返ると、まだまだ人間的にも未熟。成長半ば。


でも、

枯れないで、半ばまで成長してきたのだと思うと、ちょっぴり自分が愛おしくなりました。
図2
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

小林雅美

Author:小林雅美
20年間、温かい関わり合いを広げる『ふわふわさんの草の根運動』をしています。

TA実践研究所所長
COSMOSコミュニケーション代表
文教大学非常勤講師

NPO法人日本交流分析協会
          交流分析士教授
日本交流分析学会 評議員
ITAA・国際交流分析協会 正会員 
厚生労働省認定シニア産業カウンセラー
日本ゲシュタルト療法学会ファシリテーター ほか

東京都港区在住
元日本航空(株)国際線乗務員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。