心理学・交流分析・TA・コミュニケーション・人間関係・心のエコロジー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年3月27日 男子高校生が料理教室?

ふわふわさん®活動をしている ♥ま~ちゃん(^-^)/ です。

今日、ある公共施設で打ち合わせをしていました。  すると、
男子高校生が10名ほど、隣にある調理室へ、ワイワイガヤガヤと・・・  DSC_3869.png

そして、なにやら買ってきたもので調理を始めました。

聞いて見ると、「単に集まって、ご飯を食べているだけ・・」とのこと。


私の年代では、理解に苦しむばかり・・・

これが近年の若者なんでしょうね。V(^。^)~
フッター
スポンサーサイト

2016年3月26日 コラージュを作ってみました。

何年かぶりに自分でも、コラージュを作ってみました。

DSC_3733.jpg

製作時間は1時間。

作り終わってから、自分で分析!   フムフム(^。^)

自分の良いように解釈。

もし、コラージュの専門家がいらしたら、コメントをくださいね。
フッター

2016年3月23日 こんなかわいいお茶パック

ふわふわさん®活動をしている ♥ま~ちゃん(^-^)/ です。

最近、私のことを『♥ま~ちゃん』と読んでくれる人がいて、
気に入ってしまいました。私の愛称とするぞ!\(^o^)/


さて、先日、お友達からこんなかわいいパックを頂きました。DSC_3866_convert_20160324092343.jpg

なになに??と期待を膨らませて、中をあけてみると『お茶2』

そのお茶っ葉が、「こんな替わった巻き(?)があるんだ。」という形


私自身、人に物を差し上げる時、「つまらないものですが・・」とは、もうとっくに言わなくなっていますが・・・


相手の心に残る贈り物・お土産をあげる。治一郎
このバームクーヘンは、食べたら、止められない!止まらない!。

品物以上に、送り手の心をプレゼント。


再度、
「贈り物をするときは私の心を贈れるようにしよう。」と思いました。  ありがとう。(*^_^*)

2016年3月20日 同名3人

今日は TA港区教室 1級交流分析講座 の最終日です。

今回は女性ばかりで 和気あいあいと🎶🎶

会場の関係もあり いつも10名以下のクラスなのに

前々回は 「けいこさん」が 3名。

今回は 振替の人をふくめ 「あき子さん」が3名。

どういった縁でしょう(^_^)v


交流分析の講座のは、教えている自分も 楽しさいっぱい☺


なぜって???

それは 学びながら 実践の場であるから\(^_^)/


最初の頃はACとAで控えめに参加していた方々が、

後半になると、うまく5つの自我状態を使い分けている。

フムフム🎶

5回の講座を通じて、皆さん、自己変革してきているぞ!

ご本人は気づいていないかもしれないけど
その変化が いつもとっても楽しみです。

また ふわふわさんを広げてくださる人が増えました。☺





2016年3月14日 江花先生を囲んで小勉強会

江花先生をお招してご教授頂きます。小グループで実施の為、先生方と直接Q&Aができます。
好評につき、再度お招きすることになりました。定員15名です。
お申込をお待ちしています。

    4月9日(土)、13:30~17:00
          「江花先生と関係性のTAを語り合おう」DSC_3350_convert_20160314223256.jpg

テーマ:交流分析における関係性を理解する ~そのポイントと実際~


【江花先生から】
       今回は、難しいと言われている『関係性の交流分析』を取り上げ、ポイントと実際に的を
       しぼってお話したいと思います。治療の領域だけでなく、現代の教育や社会問題の理解に
       も大いに役立つものと考えています。

フッター


2016年3月10日 いつでも思っているよ。

1989年10月17 日 サンフランシスコ大地震

 当時サンフランシスコに住んでいて、買い物中だった私は、
 地面がコンニャクのように波打つのを見て
 何が起こっているのか理解できず、呆然!

 ダウンタウンに住んでいた友人の家が、1階部分だけぺしゃんこに。
 見舞いに行っても何もできず、寄付をするのみ。

1995年1月17日  阪神・淡路大震災。

 関西出身の私は、後日、友人の家が全破壊したと聞き、
 でも何もできず、寄付をするのみ。

2011年3月11日 東日本大震災


 夫の福島の生まれ育った所が、一生住めない土地になってしまった。
 でも何もできず、寄付をするのみ。

 夫と東北に旅行に行き、いろんなものを買ったり、
 暇を見つけては、ネットで東北の品物を注文したり、


決してお金で済まそうと思っているわけではない。

しかし、年齢、仕事、組織に属さない、そんな私には、何もできない非力さを感じる。


子どもたちは、繰り返し東北に足を運び、花を植えたり、イベントを企画したり。


子ども曰く、「自分ができることをすればいいんだよ。」

私 「そうだね。」

自分ができること!  今日も被災地の名産を注文しました。
どちらも本当においしいです。
      三陸名産・山田の生せんべい
     気仙沼ほてい 鮭の中骨水煮(銀鮭中骨水煮)
b.png
a.png
フッター
プロフィール

小林雅美

Author:小林雅美
20年間、温かい関わり合いを広げる『ふわふわさんの草の根運動』をしています。

TA実践研究所所長
COSMOSコミュニケーション代表
文教大学非常勤講師

NPO法人日本交流分析協会
          交流分析士教授
日本交流分析学会 評議員
ITAA・国際交流分析協会 正会員 
厚生労働省認定シニア産業カウンセラー
日本ゲシュタルト療法学会ファシリテーター ほか

東京都港区在住
元日本航空(株)国際線乗務員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。